タロットカード

長年親しまれる理由

占い師

様々な相談が可能

日本人と占い師の関係性は、欧米諸国におけるカウンセラーとの関係に近い関係性を築いていると言うことができます。欧米、特にアメリカでは、人生における様々な局面において、家族や友人などに相談することができないこと、掛かりつけのカウンセラーに相談するのが一般的です。一方の日本では、悩み事をカウンセラーに相談をするという行動は、ここ十数年でようやく目立ち始めた行動であり、その代わりとして、様々な悩み事を話し、それについてのひとつの指針を示してくれる占い師に相談を行なうという文化や風習が、長年根付いてきたのです。そのため、東京のような都市部では、カウンセラーよりも占い師の方が、その人数も多いといっても過言ではない状態になっています。

人生に迷った際に

カウンセラーと占い師の違いとしては、カウンセラーが話を聞き、それに対して明確な答えを与えてくれるわけではない点に対して、占い師は、様々な占いのロジックを用いて、ひとつの答えを導いてくれる点を挙げることができるでしょう。カウンセラーはあくまで「聴く人」であり、話を引き出すことによって内証を促すことを得意としているのに対して、占い師は当たるも八卦、あたらぬも八卦という前提での利用となる占いを用いることで、ひとつの明確な答えを与えてくれるのです。そのため、人生の選択に迷った際に、積極的に利用している人が多くなっています。東京のような都市部であれば、様々なロジックを用いた占い師に出会う事ができるため、人生に迷った際には、積極的に東京の占い師を活用してみるといいでしょう。東京に足を運べない場合には、近年はインターネット上での占いを行なってもらえるサービス業者が数を増やしていることも、覚えておくといいでしょう。